1. HOME
  2. ブログ
  3. 従業員側によくある話
  4. ある日突然、会社がストレスチェックを行うと言い出しましたが大丈夫でしょうか?

ストレスチェックブログ

ストレスチェックにまつわる話

従業員側によくある話

ある日突然、会社がストレスチェックを行うと言い出しましたが大丈夫でしょうか?

「ある日、会社の社長がストレスチェックテストを受けるようにと話がありました。職場の状況を把握し、改善していきたいという趣旨の説明はありました。このストレスチェックテストを行った結果、高ストレス者判定された場合は、産業医によるケアも受けられるという話でしたが、もし高ストレス者判定された場合、会社側にストレスを抱えているということがバレてしまうことになり、それによって、待遇や処遇に影響しないかが不安です。会社側としては、あくまで状況を把握して改善に取り組むためで、仮に高ストレス者判定となっても、本人が同意しなければ、テスト結果も会社にはわからないという話でした。しかし、そのシステムを運用しているのは会社側なので、やはり何らかの形で、結果を知ることができるのでは無いかと不安です。」

この様な相談は良くあります。当システムでは、従業員のストレスチェックテスト結果は高ストレス者判定された本人が産業医との面談を希望した場合(ストレスチェックテスト受検後の結果画面で選択できます。)のみ、企業側アカウントにテスト結果が見えるようになる仕組みとなっております。もしくは、オプションで、事前に従業員の同意書が提出された場合、対象者のストレスチェックテスト結果が確認できるようになります。したがって、従業員の知らないところで、勝手にストレスチェックテストの結果を企業側が知ることは出来ませんので、安心してご利用ください。

企業側は、従業員何名中、何名が受検済で、その中に何名高ストレス者が存在したかと、何名が未受験かのみを知ることが可能です。

また、ストレスチェックテスト自体は受ける事が義務化されておりませんので、どの様なシステムで運用されているのかが不明瞭で不安だったりする場合は、ストレスチェックテストを受けないという選択も可能です。もちろん、会社側に強制力も無ければ、受けない人に対して不利益となるような働きかけを行うことも禁じられております。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事